Archive for 2月, 2005

買いたい気分にさせる50の作戦

2月 22nd, 2005 Posted in Real, 計画・目的・行動 | no comment »

< ?php if ($mobile == 0) {?>< ?php } else { ?>表紙画像
< ?php } ?>谷口 正和 (著)
顧客心理を揺さぶる気分の演出学という帯がついていますが、マーケティングの特に感情論を扱った本です。
さてマーケティング本をなぜ自己探求な当サイトで扱うのかというと、ひとつめは、今の個人重視の社会で個人のアピール方法をマーケティング論から学ぶのは非常に理にかなっているということ。ふたつ目は自我の確立において、世の中の消費活動に冷静になる視点を持つということ。つまり日本はマーケティング活動の高レベル化に伴い、本当に欲望を喚起されやすい社会になっています。自分が必要ないものまで必要だと感じてしまう消費活動は、つまるところ余計な労働と収入を別途用立てる必要がでてくる。それが時間とお金の無駄にならないでもないというデメリットから脱却を意識することも大切(当サイトのようなコンセプトにおいては)だと思うからです。

Read the rest of this entry »

日本がアルゼンチンタンゴを踊る日

2月 20th, 2005 Posted in Real, 国際情勢・社会風潮 | no comment »

< ?php if ($mobile == 0) {?>< ?php } else { ?>表紙画像
< ?php } ?>ベンジャミン フルフォード (著)
この本は外国人ジャーナリストの著者が、多くの取材や客観的な視点から省みて、日本の政治や経済システムに関して述べている、ある意味警告を発している本である。
この内容に関する真偽については、コメントしないが、例えば日本が民主主義国家としての機能をどこまで発揮しているかとか、闇の真実というものが存在している可能性について、国民が盲目にさせられている側面というものに意識を向けることの意義については、とても共感させられる。

Read the rest of this entry »

自己嫌悪に悩む人へ

2月 20th, 2005 Posted in セルフクエスト | no comment »

自己嫌悪とは、どのような状態でしょうね。
人は誰でもいいところと悪いところが両方あります。
あたりまえのことですが、そのときの精神状態によっては悪いところにばかり目が行ってしまう時期があります。
そんな時期を克服してネガティブシンキングを離脱すると、自己嫌悪も低減していくと単純に考えてみます。そのためには、どのくらいの、どのようなポジティブシンキングが自分には必要なのでしょうか。
そこで、、、

Read the rest of this entry »

やりたいことがわからない人へ

2月 20th, 2005 Posted in セルフクエスト | コメントは受け付けていません。

世の中いろいろ便利になり、あまり困らない現実もあるようです。
しかたがってやりたいことがある人でも、そのモチベーションを維持するのに困る人もいます。
「好きな事」「やりたいこと」「好きなモノ」「興味あること」
これらを挙げろと言われると誰でもひとつやふたつはすぐに答えられるでしょう。
しかし、「やりたいことがわからない」と悩む人はなぜ悩むのでしょうか?
それは考えを巡らす視点を変えてみるとどうですか。例えば・・・

Read the rest of this entry »

独立を考え出した人へ

2月 20th, 2005 Posted in セルフクエスト | no comment »

独立を考え出しましたか?
今の組織で活躍する場から、経済活動的自立した立場へ転向する。
様々な責任を自ら背負う覚悟のもと、もっと収益を得る、時間を得る、経験を得る。
独立が、会社組織を立ち上げるにしても、フリーランスとして自営業になるにしても、個人で何かをやろうとするにしても、共通することは、その人自身のパーソナリティを商品化するということになります。
だからあなた自身が明確にわかりやすい存在になる必要があります。

Read the rest of this entry »

転職を考え出した人へ

2月 20th, 2005 Posted in セルフクエスト | no comment »

転職は何のためにするのか。
今の職場に、自分との違和感を感じたから。仕事内容にしても賃金にしても満足していないのでしょう。
では、あなたにとって満足いく職場とはどのような場所ですか?

Read the rest of this entry »

「自分づくり」の法則 他人に“心”を支配させるな

2月 18th, 2005 Posted in Real, お金・時間 | no comment »

< ?php if ($mobile == 0) {?>< ?php } else { ?>表紙画像
< ?php } ?>加藤 諦三 (著)
抑圧の強い人。
自分は不安だけど、不安を認めない人。
自分は臆病だけど、臆病であることを認めない人。
そしてこのように抑圧の強い人程「立派なことを言う」そしてそれは人を苦しめる結果となる。教養、道徳、~すべき、愛情、良心。そのような美しい言葉によって子供を痛めつける。
こんな歪んだ不幸は身近にもあるだろうし、自身にも心当たりがあったりしないだろうか。そしてそのような家庭環境で育ってしまうと、精神的な死を体験することになる。そしてその体験を持って本書は書かれたという。

Read the rest of this entry »

希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く

2月 17th, 2005 Posted in Real, 国際情勢・社会風潮 | 3 comments »

< ?php if ($mobile == 0) {?>< ?php } else { ?>表紙画像
< ?php } ?>山田 昌弘 (著)
基本的にこの書籍のタイトルは厳しいなぁと思う。
自己嫌悪に陥った日本の社会に、第三者的視点で指摘してあげます的な内容なので、現状を客観的に見るにはちょうどいい社会風潮記であると思う。
これを読んで何をどう対処するのかは、やはり自己防衛的な意識を高めるとともに、何に依存してはいけないのか、今の依存関係を問いただす機会として問いただすのもいいかもしれない。

Read the rest of this entry »

人生に成功する「自分ブランド」

2月 11th, 2005 Posted in Real, 計画・目的・行動 | no comment »

< ?php if ($mobile == 0) {?>< ?php } else { ?>表紙画像
< ?php } ?>デヴィッド・マクナリィ (著), 牧野・M・美枝 (翻訳)
これからの日本の社会において顕著になってきている中に個人主義的風潮があります。資本主義経済圏に住むものとして、これまで国と大企業がその先導役を果たしてくれていました。その大企業が淘汰されたり、下請けの中小企業も淘汰されつづけ、今や職を探すのも大変な時代です。
そこで自己責任とか自助努力といった言葉が頻繁に使われるようになったのは、企業や国が個人に対しての保証をできなくなってきたからです。
そんな企業や国に、責任や保証を果たせと叫ぶ風潮も残存していますが、新しい方向性を持った人々は、自己責任をポジティブに捉え、起業したり自営したり、また自己アプローチをうまくしながら転職をしたりと、自分で考えるという知恵を使いこなす時代になってきていると思います。

Read the rest of this entry »

生態系のリズム

2月 9th, 2005 Posted in セルフクエスト | コメントは受け付けていません。

「自分らしく」という意味のひとつに、マイペースという概念がありますね。
自分が一番、自分の個性として、能力とか考え、そしてスムースに行動できるストレスのない状態。自分を一番発揮できる状態。それをどのようにして創り出すのか。
・生態系のリズムに沿ってみる。
まずそれには一度自分のペースとかリズムとかにおぼれて、自分を発揮している姿を体験してみることが必要です。

Read the rest of this entry »