Archive for 7月, 2009

できない理由の大半は

7月 17th, 2009 Posted in セルフクエスト | no comment »

できない理由の大半は、サボってしまうことだったりします。
その理由を正当化してみても、誰も得をしません。でもやっぱりその時は他にしたいことがあったり、無理やりに時間を作れたかもしれないが、休みたかったし、なにより先延ばしにしても誰にも迷惑ではないし。
これはみんな怠惰心の一種なんですね。だからサボってしまったことはしょうがないのです。
だから本当は自分の能\力や可能\性に関係のない要因で、それができなかったり、機会を逃したりしていることが多いわけです。
そう考えるともったいないわけで、でわもったいなくしない手だては、やる気を維持する段取りのようなことなんですね。
段取りをよくするためには計画が必要ですが、何かを完了させるための業務的な計画ではなく、その時できることを少しやっておくことを心に留めておくといった感覚です。
怠惰て残念な自分がいる人にはとても効果的です。結果物事は予\想以上に進んでいる現実に気がつくでしょう。

マズローの自己実現的人物像

7月 7th, 2009 Posted in セルフクエスト | no comment »

エイブラハムマズローは、優れたパーソナリティーを意味する言葉を定義し、その定義に合いそうな人物データから特徴を観察し定義を修正しなおすということを繰り返しました。
そこから特徴的な目安となる項目がリストとして公開されています。
1.現実をより有効に知覚し、それと快適な関係を保っている
2.自己・他者・自然に対する受容的態度
3.自発的行動
4.物事に対して、自己中心的でなく、問題中心的である
5.孤独、プライバシーを好み、欠乏や不運に対して超然としている
6.文化や環境からの自律性
7.人生の基本的に必要なことを繰り返し新鮮に、無邪気に、畏敬や喜びをもって味わうことができる
8.至高体験をしている
9.人類に対する同一視や同情、愛情を持っている
10.深い対人関係
11.すべての人の平等な価値や権利を認める、民主的性格構造
12.手段と目的の区別
13.ユーモアのセンス
14.創造性
15.文化に組み込まれることに対する抵抗
16.確固とした価値体系
17.対立性の解決、欲望と理性の調和
これらひとつひとつに対して自己との関連性を観察すると、自分の自己実現志向の程度が伺いしれます。また、自分と合ってない項目を、合うように努力することは、自己実現を達成させるひとつの方法かもしれません。それは、合致する項目が増えるごとに、人間関係を含めた周りの状況が変化するからです。
自分が変わることは、実は一瞬でできます。
しかも周りの状況の変化も、そのときから変わっているはずです。
変化のスピードは予想以上に速いものです。

自己嫌悪と自己実現

7月 1st, 2009 Posted in セルフクエスト | no comment »

この自己探求サイトでは、比較的、自己嫌悪を抱えるユーザーが多いようだ。
もともとセルフクエストの自己探求は、自己実現を大きく目的としているのだが、自己嫌悪なユーザーが多いそもそもの理論は、こうだ。

Read the rest of this entry »