しごとはじめ

旧暦でも新年を迎え、ぼちぼち暖かい日もあるので、仕事はじめな雰囲気です。最近やったことをざっくりとレポート。
◆みそつくり
miso1miso2となりとなり町のおばさんに梅ちゃんがみそつくりを学んできました。それをえっちらと昨年収穫した自前の大豆で手前みそつくりに励んでいます。


仕込みは半日程度でできるんですね。
それを新品のつぼでやってはります。
◆作付け計画
一応卓上で去年の作付けを振り返りながら、今年の作付け計画をしました。一応輪作なことを考慮して今年の風景を想像してみたわけです。
今年は友人から種を頂いたり、収穫していない野菜が花を咲かせているので自家採取の種も得られそうなのでたくさん植えてみる予定です。
◆種芋を植える
作付け計画に沿って、新しい畝を掘って、結構な数の種芋を植えました。そのまま植えるバージョンと、半分に切って灰をまぶして植えるバージョンと2種類してみました。

◆ロックスパイラルガーデンつくり

パーマカルチャリストを目指しているということを忘れないように、パーマカルチャーのシンボル的存在に思われるロックスパイラルガーデンを作りました。とにかく山にするのが大変で手押し車をせっせと、それに石も手押し車で家の敷地から畑まで何回も往復して組み立てました。
土が乾くと重みで締まり、山が一度低くなります。なので再度土を集めて山を作り直します。
ロックスパイラルガーデンの意味は微気象にありますので、景観だけでなくその意味を達成できるように、日影や乾燥部分もできるように創り上げます。そしてこちらには10種類近くのハーブを植える予定です。

◆林業

yama1とうとう林業までやらなくてはならなくなってきました。手始めには田んぼに囲っているイノシシ囲いの修理です。数年ほったらかしの囲いは部分部分で倒れたりしているために、杭を打ち直してトタンの囲いを立て直していきます。杭は数十本必要になるために、山の杉を切り倒して作ることになりました。
それに先駆けて隣待ちのおっちゃんにチェンソーの使いかたを教えてもらい、木を切ることを学習中です。まずは細い木を切り倒してそこから1メートルの杭を作り出していきます。全部チェンソーでやります。
ちょっと危ない作業です。
チェンソーはやっぱジェイソンみたく迫力満点。ざくざくと切り刻みます。あーこわ。
初めてチェーンソーを持って山に入った日は、なぜかチェンソーのエンジンがかからずあっけなく退散。また次回挑戦します。
これくらいやってから春の種まきシーズンがもう少しでやってきます。
3月18日の彼岸過ぎからが種をまく計画です。
その前に一度上京しています。ちょっと経済的なお仕事のお話をしたりしにきていますが、帰るとそっこー山に切り出しに行かなくてはなりません。こんな両極端な生活も実際心地よかったりします。

This entry was posted on 金曜日, 3月 2nd, 2007 at 2:03 AM and is filed under パーマカルチャー, 農ある暮らし・畑. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply