古材でテーブル&ベンチつくり

先日の古民家再生(多少大袈裟)での床張り作業の際に出てきた古材を利用してテーブルとベンチを作成しました。
ie3


この床をはがした時にでてきた、梁材や床材を何かに使おうと考えたあげく、庭に大きめのテーブルとベンチを作ることにしました。
isu1床材を4重に重ね張り合わせ天板にして、梁材を足にしてテーブルをつくり、梁材の半丸太を2本並べ床材を座面として張り、適当な古材で足をつくりました。
部屋の細かい隙間埋めをしながらと、材料の使い方を考えながらやったので1日かかりましたが、まぁ、あまり美しくない無骨なテーブルセットが庭に出現しました。
isu2
完成の様子
まだ古材が余ったので、同じ要領で畑の真中に休憩用ベンチも作りました。
こちらは座面を広くとり、ちょっと低めで多目的に。
休憩、昼寝、お昼ご飯、作業台、あーーほしかった空間です。お庭のテーブルセットよりこっちの方が欲しかったかも。
isu3
ついでに即席日陰セットをなんとか組み上げたいと思います。
まぁ腐った部分はなるべくはしょりましたが、こういう古材を野外で放置しておくとして一体どれくらい持つものなのかを観察です。
長持ちするように、何か塗っておきたいのですが、何を塗ればいいのか知恵がまだありません。ペンキ?柿墨?いいもの知っていたら教えてください。

This entry was posted on 木曜日, 6月 7th, 2007 at 6:35 PM and is filed under パーマカルチャー, パーマカルチャー実践編. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

One Response to “古材でテーブル&ベンチつくり”

  1. ぱっかん石田 より:

    ど~も~お久しぶりですね!
    久々にサイト見させてもらいましたが、着実に進んでいますね。
    あんなのんびり屋さんだったのに驚きです!
    今日のお題の古材活用は必須ですね。
    僕も先日、解体業の友人の紹介でぽちぽち廃品を集めてきた所です。
    来年の春には集めたもので、色々やりたいと思っていますが、保管する場所をまず確保しないと大変ですね。
    こちらも楽しんでいきますので又刺激くださいな。

Leave a Reply