必ず正当化はできるが、

どんな状況でも、
どんな結果でも、
そして誰でもいつでも、
それを「しなかった」理由は必ず言える。それはまったく正しく間違っていない。きっと何かしらの条件が整わなかったに違いない。時間がなかっただろうし、お金がなかっただろうし、モノが不足していただろうし、誰かのせいだったろうし、急用が追いかけてきたんだろう。


しかしこのような理由は、正否に関わらず、絶対にそれが正しいと説明できてしまう。
正論になったとしても、それは言ってる本人にとっては、全て正しいだろう。
しかし、本当は「しなかった」理由は無い。
そのもっともな理由が、ものすごく弊害をもたらしたたに違いない。しかし、そういうことは、いつでも誰でもどんな状況であろうと、必ずその理由が「正しい」と言える。
そしてその理由が自分の中で正当化されてしまう。
しかし正当化は、正当ではないのだ。
だから言ってはいけないのだ。
やる前から、やらない理由は、いくらでも存在しているのだ。
「したの?」「しなかったの?」
結果は、YesかNoかでしかない。
そして、Yesの時だけ、後に続いていく。
Noを正当化したところで、輝かしい理由だけが積もっていく。

This entry was posted on 木曜日, 2月 26th, 2009 at 2:37 PM and is filed under セルフクエスト. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply