スタードーム☆つくり(福島裏磐梯)

福島県の裏磐梯まで行ってスタードームを造ってきました。
ちょっとできすぎ感のあるパラダイスな新緑のハーブガーデンな場所で2泊3日で引き続き労働の旅です。
harb



■長距離移動

初日は前夜に三重県松阪市を夜行バスで発ち早朝に東京から普通電車で5時間くらいかかって福島県猪苗代湖駅までやってきました。
バスも電車も睡眠率80%以上を達成してとても楽チンな旅でした。やっぱうまく眠れると楽チンですなー。
その準備としては、バスの直前にメシを食べて銭湯で長風呂しました。東京での朝はなぜか自宅を横目に通過する(寄るとペース崩れそうだったので)というなんだか不思議な感じでしたが、おっきいサックを右に抱きかかえて
寝る体勢は普通電車でも楽に寝れました。
■畑
んでつくなりいきなり、オーガニック農場に直行で、スイカとメロンの苗植えと、トマトのわき芽摘みをお手伝いしました。腰が入ってない!といわれながら大きい桑で耕しましたT_T
ま、そんなにハードな作業ではなかったけど、心地よい体験をさせてもらいました。
■スタードーム
朝日が心地よいテラスで自家製サラダ菜をたんまりもった朝食で、幸せを絵に書いたようなシラジラしい光景からスタートし、今回参加者の友達の父親によるありがたい準備のおかげで、スタードーム創りを開始できました。そのお父さんも午前中にもちろん颯爽と駆けつけ、竹わりと寸法あわせから開始しました。
スタードームとは竹を半円に編み合わせて造る半球体構造物です。
その創りかたがサイトで公開されており、それを参考に作りました。が、なんとも細かい疑問点がどっと出てきて、そのダウンロードした設計図ではなんとも理解できませんでした!。。。
で、昼飯においしい栗ごはんの差し入れをいただきながら、よーくサイトなんかを読み理解しようとしましたが、よくわからず昼寝に突入!
結局一時はどうなることかと思ったくらいイビツなドームにもなりながら、ちゃくちゃくと編みこみ、みんなの力を合わせてなんとかドームっぽくなっていきました。結構、その過程がめっちゃ面白かった。あーだこーだいいながらも、竹の反発力を押さえ込みながら、紐をほどいたり結んだりと、、、。
これは2~3人で作るのは無理じゃないかなー。最低5人で力を合わせないとちょっとしんどいかも。そんな感じでやってました。
dome
できたのは骨組みだけ。これを活用する方法を現地の人と考えます。
ここは雪深いので大きいカマクラができるかもです。
朝10時から始めて、17時くらいに終わりました。お父さんの準備のおかげです。ありがとうございました。
■フェルデンクライスメソッド
3日目は、朝からフェルデンクライスメソッドというボディワークをしてもらいました。グルの誘導にあわせて体を動かし観察していくというものです。普段気にもしない骨格の様々な部分を意識して観察することにより体の動きを意識的にいい感じにしていこうといったボディワークでした。
朝起きてすぐやったのでキモチ良かったです。
朝ヨガとはまた違った感覚。
と濃い3日間を終え延べ2週間の放浪を終了しました。

This entry was posted on 水曜日, 6月 7th, 2006 at 2:37 PM and is filed under パーマカルチャー, パーマカルチャー実践編. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply